傘の柄カバーを編んで傘の盗難防止と雨の日もハッピー♪

編み物&ハンドメイド

こんにちは!今回は、傘の柄のカバーをかぎ針編みで編んでみました!

傘の柄が可愛くなるだけで雨の日も気分は明るくなって、傘も見つけやすくなったので紹介します♪

傘が盗まれる原因と対策は?

よく、雨の日に出かけて傘を傘立てに置いて買い物をしていると、帰りに傘が無くなって盗まれたり、間違えて持っていかれたりしますよね…。

それが特にお気に入りの傘だった時のショックな気持ちは半端ないです!また、ビニール傘だと特に無くなりやすいし、間違えて持っていかれたりします。

自分で傘を持ち歩きできれば済む話ですが、子供の学校や職場では傘を傘立てに置いておくのが暗黙のルール(床が濡れるなどの理由)で、似たような傘だと名前がないと、よく間違われて持って帰られたりします…。

子供の傘は名前を書きますが、大人になるとさすがに傘に名前を書くのは恥ずかしいですよね!知らない人に名前を覚えられると怖いし…。

そこで、お気に入りの傘でも安価なビニール傘でも、簡単には盗られにくい工夫をすることが大切!!

また、傘立てに立てておく時に、一目で自分のものか他人のものなのかを分かりやすくしておくと盗難のリスクがだいぶ無くなります!

私はかぎ針編みで傘の柄のカバーを編んでかぶせるだけで、一目で自分のものだと分かるようにしました!好きな毛糸や好きな色で編んでつけるだけなので、自分の傘がすぐに見つかるし気分も少しハッピーな雨の日になります♪

好きな毛糸で円を筒状に編むだけ!

上の写真↑コチラが娘の傘用に編んだ傘の柄カバーです。余り糸で編んだので途中で毛糸の色が変わっていますが、傘の柄にはめてみると全然違和感もなく可愛いです☆

編み方は簡単!細編みの円で傘の持ち手の長さに合わせてグルグル編んでいくだけ♪

輪の中に6目の細編みを編んで、2段目に12目の細編みを編みます。

さらに3段目に細編み18目を編んで、傘の幅と同じ円の大きさにします。↓

傘の柄に円を合わせたところ。このまま増やし目をしないで筒状に編んでいきます。↓

筒状に編んで傘の柄にちょうどはまるように編めています!↓

途中まで編み進めたところ。毛糸がここで終わったので、途中から他の色の毛糸でまた最後まで編み進めました。

最後はスタークロッシェという編み方で模様を入れてみました☆彡
この模様は星に似た編み方で、このスタークロッシェが入っただけで少し可愛さがアップした気がします!↓

スタークロッシェで編んだニット帽を紹介した私の過去の記事はコチラ▷

この傘の柄カバーは、同じ太さの傘の持ち手に付け替えることもできます。家族でいろんな色の毛糸で作って、共有しあうのも楽しいです。

こちら↓の傘の柄カバーは、細い毛糸を2本どりで細編みで編みました。

毛糸2本どりで編むと少し太めのカバーになりますが、シンプルな細編みだけでも2種類の糸の色が混じりあって、可愛くなりました!

スポンサーリンク

傘の柄カバーの利点とまとめ

傘の盗難を防止するために編んだ傘の柄カバーのメリットをまとめてみました!

傘の柄カバーをつけるだけで…

  • 傘立てに置いても目立つので、自分の傘だとすぐにわかる!
  • 安いビニール傘でもカバーがついてるだけで、心理的に盗みにくい!
  • 自分の好きな糸で編めるので可愛く作れる!
  • ちょっとした余り糸でも編める!
  • 可愛いカバーだと、雨の日も少し気分が明るくなれる!
  • 周りからカバーが可愛いとほめてもらえる(笑)

メリットはこんな感じです(*^^*)

うちの娘は余り糸で簡単に作ったカバーでもとても気に入ってくれて、傘も忘れずに持って帰ってきてくれるようになりました♪

傘の柄カバー 編み方】と検索すると編み図や動画でも編み方がみれるので、ぜひお気に入りの毛糸で編んでみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました