オススメの糸巻き器で余り糸を綺麗に巻いて保管しよう!

買って良かったもの

こんにちは!私はかぎ針編みにハマってから、毛糸を買いこんでしまったり、余り糸が大量に絡まった状態で放置したりしていました…。

毛糸が絡まると次に使う時に、ほどく手間がかかり見栄えも悪いので『どうにか余った毛糸も綺麗に大事に保管したい…』と思い、ついに糸巻き器を買いました!!

今回は、私が購入した糸巻き器のレビューを紹介します(^▽^)/

Amazonで購入した糸巻き器の内容品

コチラがAmazonで購入した糸巻き器です。

値段は\2380で、内容品は糸巻き器・写真入りの英語の説明書・ねじ回しや糸を巻く部品などが入っていて、ものすごくシンプルです。

糸巻き器自体も軽いので、ホントにこれで毛糸が綺麗に巻けるのか、初めは半信半疑でした。説明書も写真だけなので少しわかりにくいです(-_-;)

Amazonではこれ以外にもいろんな糸巻き器が売られていましたが『あまり安すぎる糸巻き器はチープな作りですぐに壊れた』という口コミが多かったので、平均的な値段のこの糸巻き器を購入してみました。

でも、Amazonのレビューで評価もまぁまぁ良かったし、早速毛糸を巻いてみよう♪

糸巻き器の使い方

説明書の左側の(Function 1)が毛糸を巻くときの使い方、右側は手芸用の糸を巻くときの使い方です。】

まず、①の隣の写真の説明通り筒をはめて、③のように小さいネジと付属のネジ回しで、机に引っ掛ける部品をくっつけます。

机に引っ掛ける部品を取り付けたら、もう準備完了!

毛糸が綺麗に巻けるように⑤のように机にしっかり挟んで固定します。

毛糸の端を糸巻き器の筒の切れ込みに挟んで…、糸玉の方の糸を横にくっついている金属に下から引っ掛けます。

ちゃんと毛糸がかかったら、ハンドルを右にクルクル回すだけ!!最後までちゃんと綺麗に巻かれています!仕上がりも綺麗です!

編みほどいて、ラーメンみたいに縮れてしまった毛糸も、糸巻き器で巻くと、綺麗な毛糸に元通りしたみたいです!

糸巻き器を買うまでは、毛糸を適当に巻き付けて雑に袋に入れてたり、絡まった状態のまま空き箱に入れて、いざ編み物をするときに毛糸を探したり、ほどいたりするのにとても時間がかかっていました…。

でも糸巻き器を買って、余った毛糸たちを綺麗に巻いてあげると…!

このように、だいぶスッキリしました(*^^*)

糸同士も絡まらないし、見やすく毛糸も探しやすくなったので、編みものがしたくなったらすぐ編める(^^♪とても気持ちが良いですね!

でもこれ以上にもっと大量の毛糸を隠し持っているので、全部綺麗に巻いてあげて、余り糸をちゃんと可愛い編み物に変身させてあげたいと思います☆

今回私が紹介した糸巻き器はAmazonで購入できますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました